So-net無料ブログ作成
検索選択

秋の例大祭 [靖国神社]

久しぶりのエントリーです。

ようやくと言うかやっとと言うか、総理の靖国神社参拝が昨日行われました。-参照-保守派の方々にはいろいろと賛否両論はありましょうが、私は素直に賛意を致します。服装や参拝様式、参拝場所等、突っ込み所は多いでしょうが、参拝する事そのものが、特定アジアへのカウンターパンチに成り得る物と思っています。このまま次期総理にも参拝して頂き、我が国のサンデーパンチになって頂きたいですね。

特定アジアの中国はここぞとばかりに噛み付いていますが、ここは堂々と、「自国民の戦死者に哀悼を示して何が悪いか!」で良いでしょう。同じく特定アジアの朝鮮半島には何もリアクションをせずに放置するのがベストでしょうね。

覇権国家には断固とした態度を示していれば、向こうも外交の舵取りを変更せざる負えないでしょうし、特定アジアの寿命は短いでしょうから。ヒステリックな身の程知らずの半島には、放置するのが一番の躾ですし、関わるだけ我が国の負担になるでしょう。それに、遠からずあの半島は違う形態になるでしょう。

今回の参拝に関して無知なのか無恥なのか、やたら大阪高裁の違憲判断を「違憲判決」と言い間違えて伝聞されている輩を多く見かけますが、はっきり言って「見苦しいですよ、前原さん。」このままだと永遠の野党に落ちぶれますよ。岡田カラーを払拭したいのなら、保守派コースを是々非々で歩まれる事をお勧めします。

なんとなく「サヨク」からようやく保守側に傾き始めて数年しか経ちませんが、我が国が独立国として当たり前に一人立ちする潮目に来たことを、肌で感じるようになりました。靖国を堂々と参拝し、自国の防衛軍を保持し、内政干渉には一蹴出来る国に生まれ変われる日を見るのも、案外近いかもしれませんね。

 

 


総選挙について [政治]

随分と長い期間、更新せずにいた事を、ここに訪問してくださっている皆様に、お詫びを致します。        前回のエントリでも書いたのですが、かなり忙殺されております。                                             しばらくはこんなペースが続くと思いますので、生暖かい目で、ご支援の程、よろしくお願いいたします。

さて                                                                  郵政民営化法案の可否を巡って、総選挙が来月に行われます。                                                                 今回の解散で自民党内で賛否に分かれ、カラーがはっきりした事そのものは、今後の政局を占う上でも、大切だった事と思っています。

法案に反対し、今度の総選挙で公認が取り消された自民党の方々は、堂々と胸を張って反対理由を明らかにし、選挙戦を戦ってほしいものです。                                             まかり間違っても、選挙戦用に法案賛成なんて言い出さないようにして頂きたいですね。                 もっとも、そんな事を言い出したら、それこそ落選確定でしょうね。w                               それから棄権した議員センセイ、今になって「賛成の立場だった」は卑怯ですよ。                     どちらの立場にも転べる棄権策は、コウモリ扱いですよ。                                 今回の総選挙には関係ありませんが、参議院の大仁田議員、母親が嫌がったからと党の見解に逆らったり、「小泉さんの子供だから反対も賛成もできない」と言ったり、あなたは国民に選ばれた代表って意味を理解してます?バラエティ番組でみかける珍解答は、議会ではオチにすらなりませんよ。

私が投票できる区域では、賛成意見の自民党議員がいらっしゃるので、迷うことは無いでしょう。  対抗馬の民主党の若手候補の手並みも見てみたいと思います。                                                                                                   民主党と言えば、今度の選挙戦では民主党はどんな「マニフェスト」を謳うのでしょうか。 w                      元々は郵政民営化に賛成の立場をとっていた民主党が、今回の議決で反対票に入れたのは法案そのものに賛成できないとの立場でしょうから、民主党の独自の考えが「マニフェスト」に盛り込まれるはずです。どんな「マニフェスト」を謳う事になるか、今から楽しみです。w

税金負担を重くして官主導で経済も動かす大きな政府にするのが良いのか、スリムになるように民営化して、少しでも税金負担を軽減する小さな政府が良いのか、今後の日本の行く末がはっきりと分かれる選挙になりそうです。                 

 


左曲がりから右曲がりへ [自虐史観]

いろいろとプライベートで忙しい事とがあり、ずいぶんと更新が滞っていました。このブログを見ている身内からはレイシスト扱いされたり・・・orz、 子供達の入退院、再入院の疲れもあり、再開を見合わせていました。

以前にエントリした私の大脳が赤化した経緯を書きましたが、再開一発目の今回はその洗脳が解けるきっかけを書きたいと思います。

私の赤化した大脳が、元の灰白色に戻ったのは、丁度大阪で仕事をしている頃でした。その頃はW杯を数年後に控え、私の脳内はまだ朝日式「地球市民」に仕上がっていましたので、市内では、観光客の韓国人(!)に親切に拙い英語を駆使して必要以上にいらん世話をしたり、不必要に鶴橋に行ってカプサイシンを大量に摂取しておりました。この時点ではベクトルが半島に向いている事に全く気が付いておらず、今から考えると赤面ものです。

そんな「地球市民」が日本国籍に戻るきっかけは、「茶道や剣道は韓国が発祥」と書かれた記事を、どっかのウェブで見た時でした。感想はもちろん「ハァ?何言ってんの?」です。

それ程深く嗜んだわけでは無いのですが、私は嘗て茶道を習っておりました。茶道を通じ、大仰に言えば、武道との共通意識や日本人の奥深さを体験したと思っています。

周知の如く、茶道は日本で開花・成熟、茶室での作法は華道や香道を融合し、後の日本人の文化・思想に多大な影響をあたえました。

その茶道をパクるどころか、自国派生と捏造している事に、当初は戸惑っていましたが、その件を調べるうちに、茶道どころか剣道まで朝鮮派生。あげくの果ては相撲まで朝鮮派生・・・。スラムダンクガンダムまでも朝鮮派生と捏造されているのですから、もう芋づる式に出るわ出るわ、あらゆる物が朝鮮派生と捏造のオンパレードでした。当然の如く朝日式の「韓国様への贖罪意識」なんて吹っ飛びました。

それからは、在日・従軍慰安婦について調べ、これらが捏造と判った頃にはもう、すっかり嫌韓・嫌朝になっており、あげくの果てにコバやんの「戦争論」を読むに至り、大きく右曲がりになっていました。ええ、もうすっかりレイシストです・・・orz。


世の中、やって良い事と [怒髪]

悪い事があるって事を、遺伝子レベルで叩き込まないと理解できないのか?

この遺伝子(RX178様のとこから拝借しました)

天皇・皇后両陛下が慰霊のためにサイパン島へ訪れている事に対して、脊髄反射で火病を起こしている様ですが、世の中やって良い事と悪い事があります。

日本の象徴である天皇陛下を愚弄するのなら、この国の国民の大半を敵に回した事を、隣の半島南部は覚悟した方が良いですね。

日の丸を焼いたり、小泉首相を愚弄する事とレベルが違います。

国家単位で自発的に謝罪をしないようでしたら、我が国は断固として抗議・謝罪要求をするべきでしょう。

もし、仮に礼を失するような返答しかないようでしたら、今度こそ断行国交断絶するべきでしょうね。

前回のエントリーで、バンザイクリフ慰霊碑のガム貼り付けに脊髄反射してしまいましたが、今回の事は脊髄反射どころか、一気に沸点まで達してしまったようです。

「韓流」なんて薄ら寒い事をやっている小母様方も、目を覚まされた方が良いですよ。

遺伝子レベルで、我が国とは理解し合えない民族なのですから。

 


内にも外にも・・・。その3 [怒髪]

遺棄化学兵器処理・・・。ハァ?

記憶では、当初は200億くらいだったはずです。それが何時の間にやら3000億になり、今では1兆円ですか・・・。中国国内の戦死者の数が130万人だったのが、何時の間にやら3500万人になったのと同じ手法ですね。

200万発の処理費用と言っているようですが、日本が現地に残してきた砲弾は70万発ですし、引渡しの書類も中国国内に存在するはずです。正式に武装解除したのですから。ドサクサに紛れて自国や旧ソ連の兵器の処理費用まで回すつもりですか?厚かましいですね。

中国は戦争被害者を演じる事によって、未来永劫、日本から金を毟り取ろうとしています。これも外交戦略ですから、このテに乗る方が馬鹿です。

しかしながら、我が国内ではこのテに乗って、血税を貢ぎまくる自虐馬鹿がいます。

この馬鹿は今回のタカリ話にも一役かっていたそうで(その頃は、私の脳も真っ赤でした・・・)、もはや衆議院議長失職どころか、議員辞職勧告でもしたほうが今後の東アジアの為になるのでは?と思います。

犠牲者や被害者を装って商売にする人や国家は数多ありますが、必要以上に加害者振りを発揮する国賊自虐者が商売になってる国って、我が国だけでしょうね。

税金を増やす前に、こんな国賊を失職させ、無駄な支出を無くす方が先決でしょう。この国で働くサラリーマンのモチベーションを下げてどうするんですか。


内にも外にも・・・。その2 [怒髪]

昨日の朝日新聞、中部地方版の「声」欄より

~一部抜粋~

>英霊達の御霊は、「自分達を犬死させたものを許すな、偏狭な正義や民族主義を煽っている文化人やマスメディアに注意しろ、権力好きな宗教に近づくな」等と叫びつづけているいるように思えてならない。

前半部分で戦争反対を叫びつつ、最後にはお決まりの靖国批判です。

60歳の男性の投稿ですが、あまりにも稚拙で無神経な文です。

国の為、家族の為に戦い散った事が「犬死」ですか?

「偏狭な正義」って何ですか?戦争に正義なんかありませんよ。外交の延長線に戦争があるのですから、そこには国益の追求しかありません。ゲームのように、完全なる悪と完全なる善との戦いなんてあるはずも無いでしょう。

「文化人やマスメディアに注意しろ・・・」今までが大きく左傾化していたのです。ようやく舵を右に向け中央に進路を戻しているだけです。その左傾化に尽力していたのが、今までリベラルと呼ばれていたマスコミや文化人でしょう。その左傾化が今の日本の行く末に問題を山積したのです。自分達のやってきた事に頬被りして右傾化批判ですか?厚かましいにも程があります。

「権力好きな宗教」って何です?靖国神社の事ですか?英霊達の遺書を読んだ事ないのですか?遺書の文面を読めば相当な知識と教養を持っていた方々が散華されたのが判るはずです。国のため家族のために犠牲になるのが、「騙された」事ですか?彼等の死は犬死でも捨石でもなく、この国の礎になった事を、いい加減理解した方が良いですよ。

声「欄」に社の方針を代弁させるのも、そろそろ止めた方が良いでしょうね。

 


内にも外にも・・・。その1 [怒髪]

怒髪、天を衝きました。

バンザイクリフ慰霊碑にガム 

>「忠魂碑」という文字が刻まれた慰霊碑の表側だけでなく、その裏側までびっしりとガムがくっついていた。表側のガムは素手で何とか取り除くことができたが、裏面に付けられたガムは乾ききっており、手ではがすことはできなかった。

>ガムだけでなく、碑の表側には、きりのようなもので彫った「日本鬼子」という漢字が記されていたという。

日本人の関係する石碑・記念碑には何をしても構わないと思っている馬鹿(東南アジア諸国にある、戦争犠牲者の慰霊碑が蹴倒されていたり、落書きをされていたりする事件もこのテの馬鹿者の所業でしょう)と、

石碑の碑文の意味や経緯、歴史等を知った上で、人の心を踏み躙る行為を何とも思わない馬鹿(靖国神社の狛犬の台座に落書きをした馬鹿者がこれに該当します)の仕業でしょうね、間違いなく。

前者が無知蒙昧な馬鹿者に比べ、後者は相当にタチが悪い輩です。

隣の半島人とその隣の野蛮人とは絶対に歴史認識の共有など出来ないし、まともな国家間の付き合いすら出来ないでしょう。

民主党の岡田氏の言うように中国韓国の言うような歴史認識を共有するのなら、この国は亡国への坂道を転がり落ちるでしょうし、他のアジア諸国から白眼視されるでしょう。

 


閑話休題 [朝鮮半島]

6/17のエントリーの続きを書こうと思ったのですが、生来よりの集中力の欠如にて、道草をいたします。

ここを訪問してくださる方はご存知と思いますが、お隣の半島南部の地下鉄で展示している中学生が描いた絵が反日色が強く(強いと言うかテーマが反日なのでしょうね)、保守系サイトを中心として話題になっています。

私は絵心はありませんが、中学生という年齢で描くにはあまりにも幼稚ではないかと思います。

排泄物を描いたり、ミサイル、包丁、炎、そして小泉首相まで虚仮下ろされています。

おそらく、幼い頃から「反日無罪」的な教育を受け続け、日本への敵愾心を植え付けている事が想像できます。

我が国でも、戦前・戦中と「鬼畜米英」の名の元に「反米・反英」教育をした過去がありますが、それはあくまでも交戦国を相手としているのであり、友好国・同盟国に対してこの様な振る舞いを幼い内から教育しているとなれば、異常な事態と言うより他ありません。

そして、最も重大な問題として、この様な絵を子供が描く事について何とも思わない親や絵を描かせる教師、地下鉄に展示する事になんら疑問を持たない一般大衆が存在する事です。地下鉄の駅に展示しているのですから、他国からの観光客も目にするでしょうし、我が国から訪れている日本人観光客の目にも留まるはずです。最早、民度が低いなんてレベルでは無いのかもしれません。

当然の事ながら、この様な教育を60年も繰返すと、この様な人達が大量生産されます。

同盟国・友好国であるはずなのに、「日本に核を落とすべき」「ぶっ殺す」「海に沈め」等と公然と言い放ち、さもそれが国民の感情として当たり前であるかの様に認めている政府。

この様な国とは、国交そのものを我が国は考えるべきなのでは?と少し過激な事を考えてしまいます。


従軍慰安婦について [慰安婦]

私が文字としての「従軍慰安婦」という言葉を初めて知ったのは、今から10年程前です。
一人暮らしをしている時で、毎日のように新聞の宅配勧誘があった頃でした。
それ程、政治や経済に興味を持つ事もなく、新聞も読まない毎日でしたのでしばらくは断っていたのですが、ある時に「このままじゃイカン、社会人として新聞くらい読まにゃ」と思いたち、朝日新聞と契約する事になりました・・・。

それからは、お馴染の「従軍慰安婦」「強制連行」「南京虐殺」「戦争責任」「謝罪と賠償責任」等などの語句を目にするようになり、朝日式のJGIP(Japanese Guild Iinfomation Program)を刷り込まれ、卑屈なくらいにアジア諸国(!)に対して後ろめたい気持ちを持つようになりました。

歴史認識も国際常識も知らないスカスカの脳に、アカい知識だけを詰め込まれていったのです。

この状況で村山談話→河野官房長官公式謝罪と、今では我が国の国益を損なう汚点の代名詞のような外交に対してさえ、キラキラと光る(劣化ウラン弾の今井少年のような)瞳で記事を追っていたような気がいたします。今から考えると厚顔の至りですが、この頃は自分なりに贖罪の気持ちで一杯だったのでしょう。

この洗脳状態はずいぶんと長い間続きました。

私にとって、オウム真理教のマインドコントロールを解いた苫米地氏のような存在は如何なるものだったのか、次回に記したいと思います。

 


拙文ですが・・・。 [靖国神社]

古賀センセイも余計な発言をしたようです。
http://www.asahi.com/politics/update/0612/001.html
どうやら、日本遺族会会長の立場をお忘れのようです。
ご自身も戦災孤児であるはずなのに、どうしてこんな発言が出来るのか理解に苦しみます。
まるで、師匠の野中センセイ経由で毒まんじゅうでも食わされたのかな。
首相が参拝しなくて、英霊達が納得する訳ないでしょうが。

ここのところ、靖国を巡って、中・韓・朝・朝日・毎日が参拝反対キャンペーンを行っていますが、
まともな論が無いと思えるのは、私の勉強不足なのでしょうか。
どれもこれも、「近隣諸国やアジア諸国に慮れ」のオンパレード。
この方達に言いたい。
「鏡を見なさい」と。
現在進行形で「近隣諸国やアジアを蔑ろにして、ご自身の欲求のみを増大させている国家って答えられえますか?」と。

我が国は、我が国の為に戦い散華した方々の為にのみ、参拝すれば良いのです。
歴史が断絶している国の戯言なんか聞いている暇なんて無いんですよ。

高砂族の衣装を纏ったなんちゃって台湾人が、土足で踏み込んで良い場所じゃないんですよ、あそこは。
参照=http://nishimura-voice.seesaa.net/article/4359673.html

今年は、暑い時期に参拝しよう。っと


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。